船橋市のエリア情報

船橋市のイメージとしては「大型ショッピングモールがたくさんある」という印象をもつ人も多いでしょう。あるいは最近では非公認キャラクター、ふなっしーを連想する人も多いかもしれませんね。県内では千葉市に次ぐ人口60万人の大都市で商業施設以外にも重化学工業が京葉工業地域を中心に発達しているエリアなのです。

湾岸エリアの「ららぽーと」を中心に大型商業地域として進化

船橋フェイスビル (出典:Wikipedia)

日本最大級の大型ショッピングセンターとして京葉線・南船橋駅近くの湾岸エリアに「ららぽーと船橋ショッピングセンター」がオープンしたのは1981年。2006年に名称を「ららぽーとTOKYO-BAY」とした後も日本を代表するショッピングモールとして賑わいを見せています。一方、JR総武本線・船橋駅前には2003年に「船橋フェイスビル」がオープンしました。船橋市は大型商業施設が多いエリアとして発達した経緯があります。

 

土木関連を中心に建設業が多く工業地帯には重工業が発展

 

建設関連では土木や住宅産業が発達しています。平成26年度に船橋市から優良建設業者(土木部門)として表彰を受けた船橋市内の建設業者は、「東日本都市開発」「若潮建設」「風間建設工業所」「利興建設」「京葉都市開発」で、土木関連が多い傾向が見受けられます。また、京葉臨海工業地区を中心に、機械金属工業や鉄鋼会社など多くの事業所や工場が多数あり、建設関係以外にも機械CADを使ったオペレート作業や設計の求人もあります。

 

 

最後に

 

ららぽーとの近隣に2006年「IKEA船橋」がIKEA日本再出店の1号店としてオープンして現在の北欧インテリアブームを牽引しました。オープン時かなり話題になったので当時、行った人も多いのでは? 船橋市エリアはファッションやインテリア関連の買い物だけでなく、シネマコンプレックスなど文化施設も多いのでアフターファイブは存分に楽しめる環境といえるでしょう。

船橋市の最新CADお仕事情報