CADオペレーターのお仕事とは

完成をイメージし、ミリ単位で図面を作成していくエキスパート

主な仕事内容

CADオペレーターのお仕事は、設計担当者の作成した図面を基に、CADソフトを用いて主に図面のトレースや修正などを行います。AutoCAD・JW-CAD・VectorWorksなど、用途や就業先の環境に合ったソフトを操作するエキスパートとして、設計担当者と共に図面を創り上げていくお仕事です。最近では、3D-CADのお仕事も増えてきています。
意匠図、設備図、構造図、土木、機械図、施工図など、活躍のフィールドは多岐に渡ります。

CAD操作のイメージ

この仕事のやりがい

CADオペレーターという仕事の魅力は「自分の作成した図面がカタチになるときの感動」です。住宅や商業施設など、私達の身の回りに存在するものを創り上げていく仕事です。スキルを身に付ければ、CAD技術者として年齢を問わずに大型案件に携われるのも醍醐味です。

必要とされる能力

CADオペレーターには、CADソフトの操作スキルはもちろんのこと、設計担当者と細かく仕様を打ち合わせながら仕事を進めていくので、コミュニケーション能力も求められます。また、完成像をイメージしながら細かい作業を担当してくので、責任感を持ってコツコツと仕事をこなせることも重要です。