CADオペレーターのお仕事とは

完成をイメージし、ミリ単位で図面を作成していくエキスパート

CADとは

CADとは「computer aided design」の略で、コンピューターを用いて構造物等の設計を行うためのシステムやソフトウェアのことをいいます。
CADを使うことにより、今まで人の手によって行われていた設計等がコンピューター上で行うことができるようになりました。

CADの特徴

手書きで紙に描いていた時には修正をする際に、修正箇所以外を消してしまったり、紙が破れてしまうというトラブルが発生する恐れがありました。
しかし、CADを使用することで、修正したい箇所のみを削除・修正をすることができます。
また、図面の管理や共有することに関しても、紙の時は保管や複製に時間がかかっていましたが、CADで作成することにより、コンピューター上やサーバー上に保存でき、コピーや共有が簡単にできるようになりました。

汎用CADと専用CAD

汎用CADはその名のとおり、CADが用いられているどの分野においても使いやすい設計機能を持ったCADをいいます。
汎用CADの代表的なものとして「AutoCAD」と「JW-CAD」があります。
それに対して専用CADは、建築や電気等の各分野に特化したCADのことです。
建築のCADであれば、窓や扉等の入力が容易にでき、電気のCADであれば、配線や配管の作図が秀でているといったように、それぞれの分野にて高い機能や操作性を発揮します。

2DCADと3DCAD

【2DCAD(2次元CAD)】
2DCADは、従来からある手書き図面と同じく、投影法や正面図・平面図・側面図による「三角法」と呼ばれる手法を用いてコンピューター上で行っていきます。
作図をするのは断面図のため、断面以外の別の角度から見ることはできません。そのため、全体の形状を正確に把握するには、創造力や空間把握能力が必要となります。

【3DCAD(3次元CAD)】
3DCADは、コンピューターの利点を生かして、手書きでは表現できない立体を描くことができ、コンピューター上の仮想空間に3Dの立体を描いていきます。
3Dのまま設計を行うため、視覚的にわかりやすくイメージしやすいというメリットがあります。
また、モデリングという作業を行い複雑な立体を作成することで、体積や重心の計算等も行うことができます。
しかし、3DCADツールを動かすには大量のメモリ領域や高い処理能力等、ハイスペックなコンピューターが必要となります。

CADの種類

AutoCAD
AutoCADは、オートデスク株式会社が開発する汎用のCADソフトウェアです。
日本だけではなく、十数か国の言語に翻訳され世界中で利用されています。
日本では、建築・土木・機械分野の日本を代表する大手企業をはじめとして、汎用CADとして多く利用されています。
※AutoCADのお仕事はこちら

●JW-CAD
JW-CADは、誰でも無料で使うことができるフリーのCADソフトウェアです。
インターネット上でいつでも誰でもダウンロードが可能です。
市販品と遜色ない機能を有しており、大手企業でも使用されているCADになります。
また、多くのCADや関連ソフトで読込、保存が可能になっています。
※JW-CADのお仕事はこちら

VecorWorks
Vectorworksは、Nemetschek Vectorworks社が開発する汎用CADソフトウェアです。
2次元、3次元にも対応しており、作図やデータベース、表計算、3Dレンダリングなどの機能を有しています。
また、特定の分野を対象として機能の拡張ができ、独自にカスタマイズができるようになっています。
※VectorWorksのお仕事はこちら

Revit
Revitは、Autodesk社が開発しているWindows用建築3次元CADです。
ビルディング インフォメーション モデリング(BIM)用に開発されたCADであり、コンセプトデザインから施工までのワークフローを、Revitひとつでサポートすることができます。
※Revitのお仕事はこちら

Tfas
CADW’ll Tfasは、株式会社ダイテックが販売している建築設備分野に特化したCADソフトウェアです。
建築設備関連の部材や配管・配線を表示する線種が登録されいて、変更などが簡単にできるようになっています。
また、Tfasは2次元、3次元にも対応しており、様々な機能を有しています。
※Tfasのお仕事はこちら

ArchiCAD
ArchiCADは、グラフィソフト社が開発する建築CADソフトウェアです。
2次元、3次元共に、両方の画面上で作業をすることができます。
データベースには3次元の情報が常に保持され、2次元の図面は、必要なときに出力することが可能です。
2次元と3次元を必要に応じて使い分けることができるCADです。
※ArchiCADのお仕事はこちら

CADオペレーターの主な仕事内容

CADオペレーターのお仕事は、設計担当者の作成した図面を基に、CADソフトを用いて主に図面のトレースや修正などを行います。AutoCAD・JW-CAD・VectorWorksなど、用途や就業先の環境に合ったソフトを操作するエキスパートとして、設計担当者と共に図面を創り上げていくお仕事です。最近では、3D-CADのお仕事も増えてきています。
意匠図、設備図、構造図、土木、機械図、施工図など、活躍のフィールドは多岐に渡ります。

CAD操作のイメージ

この仕事のやりがい

CADオペレーターという仕事の魅力は「自分の作成した図面がカタチになるときの感動」です。住宅や商業施設など、私達の身の回りに存在するものを創り上げていく仕事です。スキルを身に付ければ、CAD技術者として年齢を問わずに大型案件に携われるのも醍醐味です。

必要とされる能力

CADオペレーターには、CADソフトの操作スキルはもちろんのこと、設計担当者と細かく仕様を打ち合わせながら仕事を進めていくので、コミュニケーション能力も求められます。また、完成像をイメージしながら細かい作業を担当してくので、責任感を持ってコツコツと仕事をこなせることも重要です。

活かせる資格

CAD利用技術者試験
3次元CAD利用技術者試験
建築CAD検定試験
一級建築士・二級建築士 
             等